当前位置:首页> 日语资讯> 日语学习

在电视节目中,什么场合下在名字后面加“さん”(桑)?----合肥日语培训

发布时间:2021-06-10  来源:沪江日语  浏览:20

「さん」は、名前のあとに付いて、敬意や親しみの気持ちを表します。明確な基準はありませんが、生前のことをリアルタイムで知っている、つまり、その人が活躍する姿が人々の記憶に残っている場合は、「さん」を使うことも多いようです。一方で、その人の業績に注目し、客観的に伝える場面では、存命中の人でも、あえて「さん」を付けない場合もあります。

“桑”一般加在名字之后,表示敬意和熟悉的情绪。虽没有明确的标准,但是在其生前熟识他,也就是脑海中有其活跃的样子的场合时多使用“桑”。但是,因为其成绩突出而客观介绍他的时候,即便他是有生命的也有很多时候不必专门加“桑”。


<解説>

「さん」は、名前のあとについて、敬意や親しみの気持ちを表す敬称です。しかし、自分の実生活とは直接関わりのない、客観的な存在、例えば、歴史上の人物などには、「さん」を付けず、呼び捨てにするのが一般的です。「さん」を付けるのは、その人の生前の姿が、多くの人の記憶に残っている場合や、その人に特別な親しみを感じている場合になります。

“桑”是加在名字之后,表示敬意和熟悉的敬称。但是,如果其与自己实际生活没有直接联系而只是一个客观上的存在,比如历史上的人物,那么一般不加“桑”而是直呼其名。他生前样子在很多人脑海中残留,或者是对他要表现出特别的亲切时才会加“桑”。


4546514.png


「さん」を使わなくても、○○総理大臣や、○○医師など、名前の後ろに付ける肩書きがある場合は、その肩書きで紹介することができます。しかし、作家や俳優など、名前の後ろに付けづらい肩書きもあり、その場合、名前の後に「さん」を付けるべきか迷うようです。

即便不加“桑”,如果其有“总理大臣”“医生”等头衔时,可以在名字后面加上头衔介绍他。但是,像作家、演员等名字后面不好加头衔的时候,加不加“桑”就会比较困扰。


一方、ドキュメンタリー番組などで名声が高い人を客観的に紹介する場合、存命中であっても、あえて呼び捨てにすることで、ほかの人とは違う特別な感じを出すこともあります。

但是,在纪录片等场合客观地介绍非常著名的人的时候,即便他还健在,故意直呼其名的话,也能产生出与其他人不同的特别感觉。


著名な故人を紹介する場合、「さん」を付けることで親しみを強調することもできますし、「さん」を使わずにあえて呼び捨てにして、特別な感じを出すこともできます。放送で、その人物の何を伝えたいのか、よく考えた上で選ぶといいでしょう。

介绍著名的故人时加上“桑”能够强调亲切感。在放送的时候,你想传达人物什么,要想好再选择怎么称呼。